改葬とは

現在の墓地に埋葬されているお遺骨を他の墓地や納骨堂に移すこと(お墓の引越し・移転)を「改葬」といいます。改葬を行うには市区町村長に改葬申請を行い、許可を得なければ改葬することはできません。
今までお墓を守ってくれた親類縁者がいなくなった、引越ししてお墓から遠くなったなどの理由により現在のお墓から新しいお墓へお骨を移される時に改葬申請をしなければなりません。
墓石を移設する場合は、これを許可しない霊園や、寸法の違いによる制限があるため、石材店へ相談するなど、前もって調べておくと良いでしょう。

改葬の手順

1 改葬許可申請書を取り寄せ、必要事項を記入します。
2 現在埋葬されている墓地などの管理者に依頼して、埋葬・納骨の証明書を取り寄せます。
3 改葬先の墓地などの管理者より、受け入れ証明書または永代使用許可書の写しなどを取得します。
4 1の改葬許可申請書に2及び3の書類を添え、環境保全課に申請します。
5 改葬許可証が発行されます。
6 現在埋葬されている墓地などの管理者に改葬許可証を提示し、遺骨を取り出します。
7 改葬先の墓地などの管理者に改葬許可証を提出し、遺骨を埋葬します。

開眼供養

改装したら新しいお墓で開眼供養をしてもらいましょう。
開眼供養は、「入魂式」「魂入れ」とも言われます。この儀式をもって、墓石は単なる石から墓としての意味をもつようになります。
開眼供養の流れ
1.本道にて僧侶が読経を行い、順番に焼香をします。
2.次にお墓に行きます。墓前に白布を敷いた小机を置き、その上に内敷をかけ、燭台、花立て、供物を置き、僧侶が読経と焼香をすることで、開眼供養が終わります。

スポンサードリンク